FX会社のお得で賢い選び方

FX会社のお得で賢い選び方

外国為替でのお金の管理は計画的に!!

みなさん、はじめまして。

 

当サイトでは、FXの取引を行う上で起こりうる、業者によるリスクを中心に紹介をしています。

 

紹介している内容は、下記の5項目になります。

 

・信用リスクについて

 

・取引業者が倒産したら?

 

・「悪徳業者」の手法

 

・透明性の高いFX商品を選ぼう

 

・証拠金の管理を確認しよう

 

FXを始める前の、会社は重要となってきます。

 

始める前に、賢い会社の選び方を一緒に考えてみませんか?

自身が仮性包茎だと気付いたのは、高校生の時です。私は高校生まで性に対してあまり興味がなかったのですが、それについて引け目に感じることはありませんでした。しかし2年生の時に行った修学旅行で、一緒に入浴していた友人から、包茎であることを指摘されました。包茎治療したほうが良いと。

 

亀頭が皮で覆われていることで何が悪いのか分からなかったので、帰宅後にインターネットで包茎手術調べたところ、湿っていることで不衛生だったり、亀頭の成長を妨げると分かりました。確かに私の性器は同級生に比べて小さいと感じていました。しかしそれは個人差だと気にしていなかったのですが、まさか包茎が原因の一つだとは思いませんでした。

 

それからはまず、亀頭を露出できるように少しずつ包皮を剥きまして、亀頭を露出できるようにはなりました。しかし座ったり、下着を履いた際等にすぐに戻ってしまうのです。包茎治療しない限りむり。ですから癖を付けたくても付けれません。包茎手術には興味はありますが、イマイチ踏み切る勇気が無く、どうしようもない状態です。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/01/09 09:58:09

上記の取引所取引以外の取引(=相対取引)の場合、証拠金の管理は各企業が行うことになりますが、証拠金の管理方法には、「信託保全」と「金融口座への預託」の2種類があります。

 

信託管理を行っている企業で取引を行う場合は、その企業が倒産しても証拠金の回収は行えます。

 

しかし、金融口座への預託を行っている場合は、その企業の倒産により、一切回収出来ない場合もあります。

 

信用リスクは主に相対取引(=非取引所取引)の場合に負う事になるリスクで、一番簡単な回避方法は、公認市場に上場している業者を利用することと言えます。

 

また、基本的なことですが、疑問を感じた際には、どんな小さなことでも直接問い合わせをし、確認することがリスクの回避を行うことにつながります。

続きを読む≫ 2014/01/07 18:55:07

公設取引所とは、FXにおいて、透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、開設されたものです。

 

透明で公正な取引をおこなえる場を提供することを目的として、東京金融先物取引所が、FX(外国為替証拠金取引)の公設市場(取引所為替証拠金取引市場)を2005年に開設しました。

 

これが公設市場と言われるもので、この市場が提供する個人向けのFXは、安心かつ透明性のある内容のFX商品を扱っていると言えます。この公設市場を通したFXを通称「くりっく365」と言います。

 

この公設取引所に上場する為には、厳しい基準をクリアする必要があり、「信用できる取引業者」と言うことが出来ます。

 

また、上場企業で取引(=取引所取引)を行う場合、預ける証拠金は公設取引所が管理する為、その企業が倒産しても、証拠金が戻ってくるという利点もあります。

続きを読む≫ 2014/01/07 18:54:07

例えば、手数料などの金額が、他社に比べて高い場合などです。

 

これは、ちゃんとした裏付け(様々な保証関係など)のもと金額が高く設定されている場合もあるので、金額が高いことだけで批判することは出来ません。

 

しかし、保証などの裏付けが無い状態で金額が不当に高い場合は、気をつける必要があります。

 

また、スワップ・ポイントについても同様のことが言えます。

 

この金利差調整(=スワップ・ポイント)は、2つの国の金利差から算出されるポイントですが、業者により、この中から手数料を差し引き、ポイントを算出している場合があります。

 

このスワップ・ポイントが他社に比べ大きな開きがある場合や、手数料を含んでいることを伏せている業者は要注意と言えます。

 

しかし、この場合も正当な理由によりポイントの開きが出ること(特に年末年始など)がある為、全てが危険だとは言い切れません。

続きを読む≫ 2014/01/07 18:54:07

いまや、銀行や証券会社も倒産する時代となってしまいました。

 

ですから、みなさんがお金を預けている会社も絶対に安全とは言い切れないのです。

 

では、もしその会社が倒産してしまった場合、あなたの預けてあるお金はどうなるのでしょうか?

 

一番大きなリスクとしては、取引業者の倒産により、証拠金(=投資金)が返還されない、または、取引が凍結の事態に陥ることと言えます。

 

取引業者が倒産する事により、業務がストップする為、売買が行うことが出来ずに凍結する場合があります。

 

また、証拠金の管理をしているのが、その取引業者の場合、預けてある証拠金が戻ってこないこともあります。

続きを読む≫ 2014/01/07 18:53:07

どんな商売、取引でも同じことが言えますが、取引業者を選ぶ上では「信用できる業者を選択する」ということが非常に重要になります。

 

取引を始める当たってしっかりした会社を選んでいるつもりでも、選択する取引業者によっては、回避可能なリスクを負うことがあります。

 

選択する取引業者よって負うことになるリスクを、一般に「信用リスク」と言います。

 

これは、取引業者によるリスクの為、注意して取引会社を選ぶことで、避けることが出来ます。

続きを読む≫ 2014/01/07 18:53:07

最新ニュース


Warning: file_get_contents(http://www.ichi777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=s&file=10&s=ok&j=ok): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/lifes009/public_html/soccergoods.net/index.php on line 182
  • 美容皮膚科
  • ホーム RSS購読 サイトマップ