包茎であることで辛いこと

包茎であることで辛いこと

包茎であることで辛いこと

自身が仮性包茎だと気付いたのは、高校生の時です。私は高校生まで性に対してあまり興味がなかったのですが、それについて引け目に感じることはありませんでした。しかし2年生の時に行った修学旅行で、一緒に入浴していた友人から、包茎であることを指摘されました。包茎治療したほうが良いと。

 

亀頭が皮で覆われていることで何が悪いのか分からなかったので、帰宅後にインターネットで包茎手術調べたところ、湿っていることで不衛生だったり、亀頭の成長を妨げると分かりました。確かに私の性器は同級生に比べて小さいと感じていました。しかしそれは個人差だと気にしていなかったのですが、まさか包茎が原因の一つだとは思いませんでした。

 

それからはまず、亀頭を露出できるように少しずつ包皮を剥きまして、亀頭を露出できるようにはなりました。しかし座ったり、下着を履いた際等にすぐに戻ってしまうのです。包茎治療しない限りむり。ですから癖を付けたくても付けれません。包茎手術には興味はありますが、イマイチ踏み切る勇気が無く、どうしようもない状態です。

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ